ホーム > 任意売却について > 連帯保証人

連帯保証人

連帯保証人は、保証人よりも責任が重く、借主本人と同じ立場で、請求を受けることになります。  連帯保証人が「まず本人に請求をしてほしい」「本人の財産から取り立て、残金の請求を」などと主張することはできません。 借金や代金は、当然に契約者が支払わなければなりません。


連帯保証人の給料差押

連帯保証人が、大手企業勤務だったり、公務員である等、給料の差押えをすることで回収が可能だと、債権者に思われてしまうと、行動を起こしてくる確立は高くなります。
主債務者がすでに取られる物のない自営業者や無職で、連帯保証人が会社員という場合に、主債務者の行動や対応によっては、連帯保証人の給与を突然、差し押さえしてくる事があります。 



債権者/サービサーと和解を!

連帯保証人に迷惑をかけたくなければ、本人が給料の差押えをしてきた債権者と直接話をし、取り下げの条件について話し合うことが必要です。 その方法以外は、連帯保証人から給料差し押さえを守る道はありません。



このような例がありました

ご本人は、ノンバンクやクレジットカードの一般債務と住宅ローン滞納をし、自己破産しました。 住宅ローンには、お兄さんが連帯保証人となっていました。 なので、自己破産をすると連帯保証人であるお兄さんに必ず迷惑がかかるので、破産は止めた方がよいと話していたのですが、一般債務について相談していた弁護士に自己破産を勧められ、申立ての依頼をしてしまったのです。
当人は、免責決定もあって喜んでいました。ところが突然お兄さんの給料差押命令がお兄さんの会社に届きました。 お兄さんには、迷惑をかけるわけにはいかないということで、せっかく自己破産し免責決定されたにもかかわらず、和解金120万円と月々9万円の支払いを、公正証書による返済約定書で締結させられるという条件を飲まざるを得なくなってしまいました。
この方の場合には、誠意がない。悪意としか受け取れない。という解釈を債権者にされてしまったため、和解金も月々の返済額も、高額となってしまいました。



公正証書による返済約定書

公正証書で約定書を結ぶということは、債権者がいざとなった時に、給料・退職金・動産等の差押え等が裁判所の判決なしに簡単にできることになります。


ホーム > 任意売却について > 連帯保証人

任意売却相談室 3つのお約束

メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました
雑誌記事 日経トレンディ

・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください

全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄
お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談

このページのトップへ