ホーム > 任意売却について > 任意売却業者を選ぶポイント

任意売却業者を選ぶポイント

いい加減な任意売却業者


どの任意売却業者に頼んだらいいのか、わからない!!


いい加減な業者に依頼してしまうと、後々取り返しのつかない後悔をする可能性があります。
後悔をしないように、依頼する業者は慎重に選ばないといけません。
自分のために動いてくれる業者を選ぶ際に、見分けるポイントを、是非参考にして、ご自分の
意思できちんと見極めてください!!



任意売却を依頼する業者を見極める!


業者選びのポイント

宅地建物取引業の免許を有し、なおかつ業界団体に加盟をしている。
立派でなくても、独立した事務所を構えている。
資本金や業務内容が充実していて、ホームページがしっかりしている。
電話口での対応に信頼がもてる。
面談した社員の態度に好感が持てる。


注意するポイント
あなたの要求に対して
     「大丈夫です。必ず何々します。」
     「任意売却で処理した後、必ず100万円さしあげます。」
など、大丈夫です や 必ず と言うように、すぐに断定する言葉を使う業者は
要注意です。
自宅を残したい、とか、競売を回避したい、と思っていらっしゃる方は、溺れる者は藁をも掴む、と言ったことわざの通り
何とかして欲しい、と願っている状態なのです。 このような精神状態の中で、「大丈夫です」「必ず」と言う言葉には
疑いを抱かずに乗ってしまいがちです。
しかし最後になって、「できませんでした。」「そんなこと言いましたか?」などで済まされてしまいます。
こう言った場合は、契約書などはありませんので、最後は業者の言われるまま終わってしまいます。




少しでも有利に任意売却を進めたい


あなたが選んで依頼する業者が、あなたの代理人となります。 私たちは、ご相談者の悩みを共有し
どうしたらご相談者の為になれるのかを絶えず考え、債権者と交渉をしております。




任意売却を依頼する


<弁護士>
債務整理や自己破産などを合わせてご検討されているのであれば、弁護士に相談したほうがいいでしょう。 しかし、住宅ローンだけの問題であれば、任意売却業者である当相談室にご依頼下さい。
住宅ローンだけの場合、弁護士へ依頼をしても不動産の売却は、不動産業者にしか対応できません。 結局、不動産の仲介手数料とは別に弁護士費用が発生してしまいます。


<司法書士>
依頼額が140万円を超えるものは、引き受けることが出来ないという理由により、任意売却の案件を受付ない司法書士が多いです。 特に東京・神奈川エリアでは、不動産価格が高いので引き受けられないのです。
[ 裁判所法第33条第1項第1号に定める額(140万円)を超えないもの ]


<任意売却相談室>
当相談室は、不動産会社:株式会社ワコー・コーポレーションが運営しております。  ですから、不動産売却に関する債権者との交渉や不動産の販売には、経験豊富な担当者が最初から最後までお手伝いをさせていただくことが出来ます。




任意売却後のアフターケア


アフターケアは、とても重要です!
ご相談者が、任意売却したことを忘れた頃に届く、全額返済の催告書や支払督促。 これらが届くと不安になります。 当相談室では、任意売却のご依頼をいただいた方の状況がよくわかっておりますので、その方に合った対応方法をアドバイスさせていただいております。
残念ながら、当相談室で状況を把握出来ない方へのアドバイスはしておりません。


ホーム > 任意売却について > 任意売却業者を選ぶポイント

?

任意売却相談室 3つのお約束

?
?

メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました ?
雑誌記事 日経トレンディ

?

・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください

?
全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄
お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談

このページのトップへ