住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 競売について > 競売の流れ

競売の流れ



競売の流れ

1.債権者の申し立てにより、裁判所から競売開始決定通知が届きます。
2.裁判所の執行官が、物件の現況調査の為に対象不動産を訪れ、調査を行ないます。
3.調査結果として、評価書が作成されます。
4.競売の入札時期が明記された書類が裁判所から届きます。
5.4とほぼ同時に、新聞や情報誌に競売物件として公開、掲載されます。
6.期間入札が開始します。
7.買受人が決定します。
8.明け渡しのため引越しすことになります。



競売開始決定通知が届くまで

□1回ローンの支払いを遅延すると、督促状が来る
   債権者からの呼び出し・その後の支払いについての相談。
□続けてローンの支払いが遅れると、債権者から連絡があります
   この時に、担当者に任意売却を勧められる事もあります。
□再度延滞
   期限の利益を喪失します 。
□債権者が保証会社に代位弁済を要求
   債権・担保物権などが求償権の範囲で保証会社に移転して、不良債権
   として扱われます。 また、個人信用情報に事故(ブラック)としての記録が
   残され、以後金融機関等からの借入が困難になります。
□差押
   差押とは担保権実行の為の手段であり、債権者が競売開始を申し立てた
   時点で不動産に設定される登記です。 以後、不動産の所有者は不動産を
   自由に処分することが出来なくなります。
□競売
   不良債権となった債務の最終処理の手段として、債権者は申立をします。



競売取り下げでお悩みなら!

当相談室では、あなたが所有している不動産の競売という裁判所による法的整理が実行される前に、金融機関等の債権者と交渉し、そして債権者の同意を得たうえで、任意で所有不動産の売却をするという解決方法をお勧めしています。
各債権者への競売申し立ての取り下げ及び、抵当権抹消等、最も重要な交渉を行い、そして販売も、当社が責任を持ってスピーディに対応させていただきます。
詳しいことは、お電話または直接会ってご説明をさせていただく事で、ご理解いただけます。
競売よりも、任意売却のほうがあなたにとって、多くのメリットがあります。 また、引越しに必要な費用の捻出等も債権者によっては、交渉が出来ます。
なお、当相談室で売却契約が成立したときは、仲介手数料を申し受けますが、売却金額の中から受取ますので、現金をご用意いただく必要はありません。どうぞご安心ください。
競売開始決定の通知を受け取り、不安と困惑の渦中にいらっしゃる方!ご安心ください。問題解決の方法はあります。

また、担保不動産競売開始決定という通知を受け取ったままにしておくと、早ければ約6ヶ月後には競売入札開始となります。 そして、自宅を追い出されることになってしまいます。
残された時間は、6ヶ月ではなく、6ヶ月しかありません。

ホーム > 競売について > 競売の流れ



任意売却相談室 3つのお約束




メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました 
雑誌記事 日経トレンディ



・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください


全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄

お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談
RSSリーダー
 任意売却・不動産関連のリンク集

このページのトップへ