住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 任意売却の事例 > 離婚しても連帯保証人 -元夫が住宅ローンを滞納-

離婚しても連帯保証人 -元夫が住宅ローンを滞納-

慰謝料として住宅ローン返済を約束した元夫が滞納

2年前に離婚した練馬区に住むSさんは、2人の子供を引き取り、マンションをもらう
(住宅ローンは元夫が慰謝料として支払い続ける)という条件で離婚されました。


ところが、離婚から1年半が経ったころ・・・

銀行から元夫宛の郵便が届くようになりました。 開封せずに放っておいたところ
裁判所から特別送達が届きました。

驚いて今まで届いていた郵便物をすべて開封してみると、元夫が半年位前から
住宅ローンを滞納していることがわかりました。


しかし、元夫に連絡をしようにも、携帯電話の番号はすでに変わってしまっていて
連絡が出来ず、困り果てたSさんはお姉さんに相談しました。

お姉さんがいろいろ調べ、「任意売却」という方法があることを教えてもらったのです。
「私は、どうしたらいいのでしょうか?」
と、初めて連絡をしてきた時のSさんの声は震えていました。


詳しいお話を伺うと、涙声で状況を説明して下さいました。
まだまだ手のかかる子供たちを抱え、正社員としては働くことが出来ずにいたSさんは
とても元夫の代わりに住宅ローンを支払うことはできず、競売になるのは時間の問題でした。

Sさんは子供達のことを考え、競売になることだけは絶対に避けたいという思いがあり
すぐに任意売却を決意され、銀行との交渉を含めて全て当相談室にお任せいただきました。

しかし、元夫と連絡が取れないと任意売却を進めていくことは出来ないことを説明し
Sさんにはなんとしてでも元夫と連絡をとってもらうようにしました。 元夫の連絡先が
わかったのは、それから約2ヶ月後のことでした。

その後、タイミングよく購入者も見つかり、任意売却は終了しました。
連帯保証人であったSさんは、残債務の支払義務から逃れられませんが、交渉の中で
話はいい方向にまとり、安心して、新たな生活をスタートさせることができました。

ただでさえ、1人で子育てをするのは大変で、孤軍奮闘していたSさん。
競売になることで人目を避けるように知らない遠い地に引越しをする必要もなく
今まで以上に明るい元気な生活を送っています。



ホーム > 任意売却の事例 > 離婚しても連帯保証人 -元夫が住宅ローンを滞納-



任意売却相談室 3つのお約束




メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました 
雑誌記事 日経トレンディ



・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください


全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄

お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談
RSSリーダー
 任意売却・不動産関連のリンク集

このページのトップへ