住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 任意売却の事例 > 金利優遇の落とし穴

金利優遇の落とし穴

ボーナス半減、金利UPで返済額増!

中堅商社勤務のIさんは、5年前に世田谷区内の新築マンションを購入し、銀行から固定金利選択型で4200万円を借りました。
3年間固定金利1%のキャンペーンを利用して、月返済額は11万円、ボーナス時は45万円でした。
年収は800万円あり、住宅ローンを払っても余裕のある生活を送ることができていました。

ところが、金利優遇期間が終わった4年目からは金利が2.9%に上がり、毎月の返済額は15万円を超えてしまいました。 また、ちょうどその頃から景気が急激に減速し、会社の業績も落ち込んでしまったため、ボーナスが半減してしまったのです。
住宅ローンの返済をするために、足りない分を消費者金融から借りました。

金利の低い住宅ローンを返済するために、金利が高い消費者金融から借りると、雪だるま式に借入金が増えてしまうことは、冷静に考えるとすぐにわかることですが、その時のIさんには消費者金融から借りて住宅ローンを返済することで自宅を守ることが出来ると思ってしまっていたのです。

それからは、借入の返済と利息支払のために、また借金を重ねることになり
もうどうにもならないという限界のところで「任意売却」のことを知り、当相談室にご連絡をいただきました。

一時は、自殺も考えたというIさんですが、当相談室にすべてお任せいただき、マンションを任意売却後、近隣の賃貸マンションに引越し、新しい生活をスタートされています。

ホーム > 任意売却の事例 > 金利優遇の落とし穴



任意売却相談室 3つのお約束




メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました 
雑誌記事 日経トレンディ



・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください


全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄

お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談
RSSリーダー
 任意売却・不動産関連のリンク集

このページのトップへ