住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 任意売却Q&A > 連帯保証人:離婚をするので連帯債務者から外れたい

連帯保証人:離婚をするので連帯債務者から外れたい

離婚をするので、連帯保証人から外れたい!

現在離婚を考えている38歳の主婦です。 結婚3年目にマンションを購入しました。 そのときは、仕事をしていたので、夫の住宅ローンの連帯保証人になりました。
今後、離婚してこのマンションから出ていくつもりですので、連帯債務者(連帯保証人)から外れたいと思っています。 何かよい方法はありませんか?


連帯保証人の変更は債権者に相談を!

主債務者であるご主人と離婚をしても、連帯保証人には変わりはありません。 あなた自身が自己破産等債務整理の手続きをする以外に、債務の軽減や免除を受けることは一切ありませんし、これまで同様、主債務者であるご主人と同程度・同内容の債務を負担し続けることとなります。
離婚をするのであれば、あなたが連帯保証人から外れる事を離婚の条件として、ご主人に提示されてみてはいかがでしょうか。 ただし連帯保証人から外れることは債権者(金融機関)が了承してくれなければ、不可能です。 債権者は、例えば他の新しい連帯保証人を要求してきたりすることに応じられなければ、了承してくれるのは困難なのが現状です。



連帯保証人の変更は債権者が認める確率は低い

債権者は、離婚を理由に、連帯債務者を外してもよいと了承してくれないのが一般的です。 どうしてもというのであれば、他の金融機関から借り換えをするしかありません。 ただし、借換えローンは、新規ローンとなり、担保価値や主たる債務者の属性(年収その他の審査基準)を満たすことが必要となります。 また、借換えには費用もかかります。 金融機関に支払う手数料の他に、登記の変更が必要になる場合もあります。 また、贈与税あるいは譲渡税などの税金面の問題もクリアすることになるので、かなり難しいでしょう。



連帯保証人・保証人

債務者本人が債務整理をしても、本人は返済を免れることになりますが、保証人も免れることではないので、債権者は保証人に請求をすることになります。
債務者本人が自己破産をして免責されると、保証人に請求されることになります。 従って、連帯保証人がいる状況で自己破産をすると、保証人に返済要求/督促がいくことになります。
自分が債務整理をする前に、必ず保証人にも今の状況を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。 場合によっては、保証人も債務整理をする必要がでてきます。 大切なことは、保証人に対して誠意を持って、全てをきちんと説明するということであり、そうする義務が債務者にはありますす。


ホーム > 任意売却Q&A > 連帯保証人:離婚をするので連帯債務者から外れたい

任意売却相談室 3つのお約束

メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました
雑誌記事 日経トレンディ

・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください

全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄
お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談

このページのトップへ