住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 任意売却Q&A > 住宅ローンの返済困難:自宅を売却したいのに売却出来ない

住宅ローンの返済困難:自宅を売却したいのに売却出来ない

売却価格 < 住宅ローンの残高 = 差額の返済

不動産を売却する際には、住宅ローンを完済し、金融機関にその抵当権を外してもらうことが必要です。  これが出来ないと、所有権が移転する際に、抵当権も移転してしまい、このような条件で購入する人は現れません。



2,500万円(売却価格)-3,000万円(住宅ローン残高) = -500万円

この場合には、売却価格では足りない住宅ローン分(-500万円)を、用意しないと金融機関は抵当権の抹消には応じてくれません。  

売却時に、この不足額の用意が出来ないと、売却したくても売却出来なくなってしまいます。  このような時、住宅ローンの残高に合わせて、市場価格より高い価格での販売をすることになります。  市場価格よりも高いので、”購入者が現れない=売れない”という状態が続いてしまうことになります。



3,500万円(売却価格)-3,000万円(住宅ローン残高) = 500万円

この場合には、売却価格で住宅ローンを全額返済することができます。  金融機関も抵当権の抹消に応じてくれ、売却することが可能です。




不動産の価値は下がっています

現在の不動産価値は、数年前よりも下がっています。  購入資金の100%近くの住宅ローンを借りている場合、”売却したくても売却できない”という状況にある可能性が高くなります。  
住宅ローンの返済が困難になり、自宅を売却したいのに売却出来ない状態が続くと、生活を大きく圧迫することにもなります。

任意売却で自宅を売却しても、競売で処分されても、どちらの場合にも返済出来なかった住宅ローンは残ります。  一般的には、競売のほうが安い価格で処分されてしまうので、任意売却で売却するより多くの住宅ローンが残ってしまいます。
任意売却での売却は「少しでも多く返済したいという意思」=「誠意」が債権者に伝わることになります。  そのメリットとして、残った債務の支払いに柔軟に応じてもらえることがあげられます。


ホーム > 任意売却Q&A > 住宅ローンの返済困難:自宅を売却したいのに売却出来ない

任意売却相談室 3つのお約束

メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました
雑誌記事 日経トレンディ

・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください

全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄
お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談

このページのトップへ