住宅ローンが支払えないなどの問題は解決できます。任意売却、親子間売買は債権者にも信用されている経験豊富な不動産業者を選びましょう! 任意売却相談室では相談は年中無休で受け付けています。

ホーム > 任意売却Q&A > 住宅ローンの全額一括返済請求

住宅ローンの全額一括返済請求

最終通告を受け取った!滞納している分を払えば、解決できる?

「最終通告」と書かれた書類が、H銀行から届きました。 住宅ローンの支払いは、夫任せです。 まさか、夫が住宅ローンを支払っていなかったとは知りませんでした。
思い返してみると、何度かH銀行から封書が届いていました。 その都度、夫にこの書類は何?と聞いてみたけれど、「お前は黙ってろ。オレがなんとかする。」とだけ。 夫の言葉を信じた私がバカだったと、今になって焦っています。
毎月のローン返済額の他、延滞損害金を払うのは、ムリです。 今度こそ私の前で、夫にH銀行へ電話をしてもらいました。 そのときの担当者の話によると、このまま支払えない場合は、競売にしてローン残高の回収を図ることになるとのこと。 ただ、売却の意思があるなら、「任意売却」という方法で売却してもよいということでした。 「任意売却」-初めて聞いた言葉ですが、どういうものなのでしょうか?


任意売却と全額一括返済

住宅ローン/不動産ローン等の返済が「何らかの事情」で困難となり、滞納/延滞が一定期間になると、金融機関は貸付した資金の回収をしようとします。 その最終手段が担保不動産の競売です。
任意売却とは、競売での強制的売却ではなく、所有者本人の意思で不動産を売却し、売却代金を返済することを言います。
住宅ローンを延滞・滞納してから約3~6ヶ月を経過すると、期限の利益を喪失し、全額一括返済を求められます。 一括返済が出来ないときには、保証会社と保証人契約をしている場合には、その保証会社が代位弁済をすることになります。



無理を重ねる金策はしないこと

当相談室では、このような状況の中での解決策の1つとして「任意売却」という方法をご提案しております。

任意売却は、その通りの意味
所有者本人の意思で自宅を売却するということです。 ご自分で働きかける売却をすることは、債権者(銀行)に金銭的・人為的・時間的な負担をこれ以上与えないということになります。 その意思は、債権者から見ると誠意のある行動と受け取ってもらえます。
結果として、任意売却後に残ったローンの返済方法に関して、話し合いに応じてもらえ、無理なく払える金額で同意をしてもらえることにつながります。

ホーム > 任意売却Q&A > 住宅ローンの全額一括返済請求

任意売却相談室 3つのお約束

メディア取材実績

■TBSの報道特集NEXTにおいて、
 住宅ローンを延滞されている方の
 厳しい実情をご紹介頂きました

■講談社発行の週刊現代で、
 任意売却の現状について
 ご紹介頂きました

■日経トレンディで、任意売却物件の
 購入の際の円滑な取引方法に
 ついてご紹介頂きました
雑誌記事 日経トレンディ

・ 私たちが借入先と交渉をします
・ 面倒な交渉や手続きを代行します
・ 残債を減らせることができます
・ 競売より有利な方法で解決します
・ 笑顔を取り戻してください

全国エリアに対応
 任意売却全国対応マップ
 札幌函館青森八戸秋田
 岩手山形宮城福島
 新潟群馬栃木茨城埼玉
 千葉東京神奈川山梨
 静岡岐阜富山京都大阪
 兵庫岡山島根広島
 香川愛媛高知福岡佐賀
 長崎大分宮崎
 熊本鹿児島沖縄
お問い合わせ:年中無休・無料
無料相談フリーダイアル0120-218-985
メール無料相談

このページのトップへ